スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パピヨンの耳立て方法

2014.11.24.Mon.17:43
リリーをわが家に迎えた翌日、片方のお耳が倒れました。
とっても可愛かったので、そのままにしていたのですが。
そのうち、両耳倒れました。
これも、とっても可愛かったので、このままラブリーな姿を楽しもうかなって思っていたのですが。
同胎のハルくんも、よもぎ君も倒れたとのこと。
それで、お里さんのELFさんのブログに「耳立て、頑張れ」と書かれていたので。
hatataとリリーも頑張ることに。

検索の鬼となって、夜中にあれこれ調べたり。
知識が豊富な方々に、お知恵拝借したり。

リリーに負担がない方法。
とれにくい方法。
イヤーフリンジの飾り毛は、大切なので、絶対に切りたくないし。
困っていたところに。

リリーのお里さんから、画像入りメールが届きました。
トップハンドラーK氏直伝だそうです。
許可を得たので、やり方をアップさせていただきます。

【大きいなお耳。パピヨンの耳立てのしかた】
※お耳の大きさ、皮膚の状態など、個体差があります。この方法が絶対というわけではありません。愛犬のに合うか合わないかをご自身で慎重に判断されてから、実行されてください

【用意するもの】
芯に使う用:: テレカ、プリペイドカード、ポイントカードなど。hatataは使わなくなった診察券を利用しました。

テーピング用
ユートクバン No.25 25mm×5m
または、ニチバン病院用 25mm×5m布ばんそうこう
幅広の25mmタイプが入手できなかったら、一般的な12.5mm幅ばんそうこう(粘着力ハード、素材強度強)を平行に2枚ずつ使います。

テーピングは耳の内側。毛のない部分に。
外側には絶対貼らないでください。

芯となるプリペイドカードを、3㎝✕1.2㎝くらいに切ります。(お耳の倒れ具合、大きさにより、調節してください)
角は、とがらせないように。

それを布テープで、サンドイッチ状に、はさみます。
芯を囲むように、布テープは二重となります。
2枚の布テープは、芯より少し大きめにカットします。
接着面を耳内側、倒れている軟骨部分を支える感じに貼り付けます。

25mm幅のユートクバンを購入する前、普通幅12.5mm高粘着力のニチバン布ばんそうこうT125で貼ってみました。
一般的な絆創膏の幅。幅が半分しかないので、2枚ずつ平行に貼りつけています。
けれども、25mm幅のばんそうこうに変えた後の方が、この写真より、お耳の立ち上がりの角度がよくなりました。
11-IMG_4624.jpg


貼った直後、お耳をかいたり、頭をふったりしていましたが、すぐにネンネしてしまい。
その後は、気にしないで暮らしています。
高粘着力の絆創膏でも、慎重に剥がしたらお耳の中の毛、抜けませんでした。リリーは、お耳の中に、まだ毛があまり生えてないからかもしれませんね。
10-IMG_4622.jpg


お里さんから、いただいた画像。図書カードを切り抜いています。
DSC_1004 (500x281)


お耳に貼る、のりしろ部分をつくるため、大きめにばんそうこうをカット。
ばんそうこうテープ、2枚で、プリペイドカードをサンドウィッチしています。
DSC_1010-2.jpg


芯に使われているプリペイドカード部分、黒く塗ってみました。(角はおとしてください)
DSC_1010 (314x500)

前回のブログでは、片耳たおれた、可愛いリリーちゃんでしたが、今回は、両耳たおれた、可愛いリリーちゃん。
お耳矯正前の、貴重なお写真。
07-IMG_4609.jpg


06-IMG_4597.jpg



05-IMG_4595.jpg


まつげ、なが~いの
09-IMG_4615.jpg



08-IMG_4613.jpg


2015年2月。1ヶ月後に産まれたラヴィ。大きなお耳が成長とともに、さらに大きくなったせいか。
ラヴィのお耳も片耳倒れてしまいました。
ラヴィのお耳はリリーより大きいので、芯になるプリベイとカードも、お耳にあわせて長めにカット。
それでも、倒れてしまいました。

そこで、
ファンシーフリーさんのパピヨン耳立て教室を参考にさせていただきました。ラヴィのお里のマックスディーンさんに教えてもらいながら。
幅3㎝のユートクバン(伸縮性があるテープはNGだそうです)で耳の下部を巻き巻き。20時間経ったら、はずしました。
一巻き目は、あらかじめ粘着力は弱くしておきました。

テープを貼るとき、粘着力を弱くしておいたテープを一巻き。
ここでテープを1度カット
二巻き目からは、テープの上にテープを貼るので、毛を巻き込まないよう注意しながら粘着力そのままで接着します。
もちろん鬱血するほど巻いてはいけません。
ラヴィも、アレルギーがない子で、剥がした後、赤くなっていませんでした。

その後
耳の折り目をまっすぐにするように、マッサージを主に。
時々テーピングをしています。


当初、リリーがラヴィのテープを剥がそうとして、困りましたが。
言い聞かせてわかった?のか、攻撃しなくなりました。


04-IMG_4591.jpg



02-IMG_4570.jpg



01-IMG_4555.jpg


なんちゃって親子
03-IMG_4583.jpg

オマケ。大山阿夫利神社の紅葉。綺麗だったけれど、たどりつくまで、数時間。小田急さん、宣伝しすぎ。
翌日昼に、リリーの社会化を兼ねて、大山寺に行こうと考えていましたが、やめました。お出かけレッスン、こんなに時間かかったら、ダメダメ。
1-IMG_4636.jpg
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。