スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドッグタイムレース@東扇島東公園

2009.06.17.Wed.22:30
ドッグイベントクラブのドッグタイムレースが、川崎&横浜でも開催するようになったので、晴れて電車組のhatataも、ドッグタイムレースに気軽に参加することが出来るようになりました。
またまた川崎の東扇島東公園に。曇りの予報通り、涼しくて気持ちの良い日。

今回は、アスリートレイラはお休みで、控え選手のロン&ルウの男の子組を連れて行きました。

オレンジネットの特設50mコース。何枚か、告知ポスターが張ってあったんですが。
「あ~レイラだ」
パピヨン限定トーナメントの賞品になった1枚ですね。

b2009_0614dogtimerace0016.jpg

嬉しかったです~。
ドッグイベントクラブの、イベントレポートブログにも、レイラの写真、発見♪
これは、前回、2度目に出場した時のものです。
どの写真も、嬉しそうに走っています。

e0115747_19133050.jpg

嬉しかった親バカhatata。ブログの横の「hatataのお勧め♪」コーナーに、ドッグイベントクラブさんのリンクボタンを作らせていただきました。HTML技術がなくても、親バカパワーで作ったのよ~。

ドッグイベントクラブさんの、スタッフの方々は、全員、とっても親切です。

*******************************
午前中は、犬種別ハンディ戦。この日は、ウィペットさんをはじめ、タイムレース有名犬が揃って出場していました。4秒台で駆け抜けるウィペットさん達、イタグレさん、相変わらず速い陸くんなどなど。
参加する楽しみ、応援する楽しみの他、走りのフォームを見てウットリ~♪の楽しみもあって、盛りだくさんなレースなのです。

↓写真嫌いなロンがカメラ目線で、さらに上機嫌という奇跡の写真。陸ママさんが、高価なレンズつき一眼で撮ってくださいました。ありがとうございます。


c0050220_14553318.jpg


タイムを計った結果。
ロン 1回目6.47秒、2回目6.68秒
ルウ 1回目7.40秒、2回目7.60秒

不思議なことに、2回とも、ロンとルウは、ほぼ1秒違い。



belemama1.jpg



belemama10.jpg


実は、ロン。最近、目が以前より見えにくくなってしまったようで。
誰もいない静かな場所で、どんなにルウ&レイラが楽しそうに遊んでいても、ロンだけhatataの脇にぴったりくっついてお座りしているのです。
だから、走るかどうか???だったのですが。

hatataの元に戻ってくるレースなので。しっかり走りました。
6.131秒がベストタイムなので、ロンの筋力は、ちと弱くなったみたいですが。
それでも、走る姿を超久々に見ることが出来ました。
「やった~」

今後、もっと目が見えなくなっても、ドッグタイムレースなら、コース内にロンだけで安全。
ママの声を頼りに一直線に走ればいいのだから、きっと、走れるはず。

ただ、今回、待機しているとき、かなりナーバスになっていたので、まずは、会場の雰囲気に、馴れないとね。hatataといつも一緒にいたいけれど、お出かけが好きではないロン。みんながいるところでは、hatataがそばにいて、バッグの中に入っているのがベストなんでしょうね。


belemama8.jpg


勝ち気でいつも、全力で走るルウですが、チビパピで足が短くって、ウサギのピョンコ走り。
だから、ロンやレイラのように6秒台は、出せません。
ドッグタイムレースには無縁の男だと思っていましたが。
パピヨンは、タイムによって2種類のハンディがあるんです。
ハウンドドッグ系パピヨンと、お座敷うさぎパピヨン。
というわけで、7秒以上のタイム=D2なので、D1パピヨンより+4mのハンディがつきます。
た~っぷりハンディをもらって、ルウも出場しましたよ。

belemama3.jpg

お気に入りの、ほのぼのショット

belemama1-2.jpg

いよいよ犬種別ハンディ戦。ロンもルウも、念願のウィペットさんと対戦できました。
ドッグイベントクラブさんでは、平均タイムを参考にしながら、犬種別のハンディを設定してくださっています(時々更新)。だから、犬種別王者のウィペットさんと、ルウとの対戦も、ゴール近くまで勝敗の行方は、わからないという、楽しく、摩訶不思議なことがおこるのです。

ウィペットさんは、最強なので、ハンディ0m。
パピヨンは、タイムの幅が大きいので、ロンは、D1で、15mのハンディ。ルウは、D2で、な~んと、19m。
50m走りですが、ルウは、31m走なのです!この時点で、大笑い。
ゴール手前で、もちろん抜かされましたが。
それまでは、大きくて、超俊足のウィペットさんより、チビパピルウが、毛を振り乱して先に走っているのですから、大笑い…というか、微笑ましいというか、ともかく楽しい映像です。
ラビット走りのルウですが、いつでも、全力で走るので、可愛いです。

ハンディ戦は、ハンディがたくさん着くような速い子と対戦すると、より楽しくなります~♪
ハンディは、「なかったこと」にして、ゴールで待っているんです。幸せな錯覚タイム。
今回、くじ運がよく、ロン、ルウとも、ウィペットさんとの対戦が実現しました。

この日は、ウッペットさんはじめ、有名な子達がたくさん出走していたみたいで。
その中に、ロン&ルウも入ってしまって、恐縮でしたが。ハンディをたくさんもらったおかげで、恥ずかしくないレースには、なっていたと思います~。

勇者達の画像は、陸ママさんのブログで。動画つきです♪

この日、ベストタイムだったのは、ウィペットのゆめちゃん。2回とも、4,44秒で、ゾロ目賞もゲット。
賞状3枚と、賞品ゲット。素晴らしい走りを堪能させていただきました。

犬種別ハンディ戦は。
陸くん、一回戦、イタグレさんに勝って、相変わらず「パピヨンの星」の走りを披露してくれました。

優勝jは、イタグレのコウくん。前に、レイラに勝った子です。
それ以来、コウくんが走ると、吠えるレイラ。コウ君のこと、覚えているようです。
勝ち気なレイラ、鮮やかに抜かされたのが、ショックだったのかな。

2位は、ウィペットのランディーくん。ウィペットさんは、ハンディ0m。
他の犬種と走るとき、いつも、ハンディがつきます。それでも、ハンディをひっくり返しての準優勝。

3位:すずちゃん。Wコーギーです。強敵が多い敗者復活戦から見事、勝ち上がりました。


b2009_0614dogtimerace0015.jpg


午後は、小型犬限定犬種別ハンディ戦。
パピヨンは小型犬だから、無条件に参加できるというのではなく、犬種を問わず、体高30?未満の子のみ参加できます。
そのせいか、イタグレさんの参加がなく、パピヨン対トイプードルという感じのレースに。
どちらも、ハンディが同じなので、50m走のスタートラインは、一緒です。
Mダックスなのに、速い子もいたりして、見応え、ありました。

ロン(3.7kg)も、ラッキ~なことにいちおう、30?未満だったので、小型犬。といっても、大きい方なので、有利です。
でも、トイプーさんに一回戦負け。トイプーさん達は、後ろ足の蹴りが見事でした。
ラッキ~なことに、その子が決勝に残ったので、ロンは、敗者復活戦に出ることができました。
1回勝たせていただきましたが、次で負け。惜しくも、賞品の写真ゲット、出来ませんでした。


belemama9.jpg


午後には、思いがけず、エルさんを連れて、エルママさんが到着。

エルさんは、副腎皮質から分泌されるホルモン量が低下してしまうというアジソン病という難病にかかってしまいました。プードルやコリーの女の子がかかりやすい病気だということです。
大学病院で、病名が確定して、投薬が開始されるまで、何度か、危ぶまれたこともあって、そのたび、ハラハラしていましたが、投薬開始後、体調もよくなったようです。
投薬は、生涯続けなくてはなりませんし、血中のカリウムやナトリウムの濃度などを一定に保ってストレスのない生活をしていかなくてはなりません。

女王様生活をしているせいで、エルさん、今回の血液検査、OKだったようです。
エルママさんの愛情に包まれて、これからも、ず~っと楽しく暮らしてね。

それで、2回も50mを疾走したのにもかかわらず、こんな笑顔。
筋力は以前より落ちていますが、2走めは、7.74秒と、必死で走っているルウとそんなに変わらないタイムです。

belemama5.jpg

女王エルさんは、自分のことを人間だと思っています。ルウも、エルさんは、住んでいる世界が違う子だと思っているみたいで。匂い嗅ぎもなく、平和。

belemama6.jpg

ロン&ルウは、アウトオブ眼中みたいなので、エルさんのストレスになることは、なさそうです。

belemama1-4.jpg

ライブで、エルさんの走りが見られて、感激のhatata。
写真を撮ったのですが、速かったせいで、どこにも、エルさん、写っていなくて。
唯一、ほ~んの少し写っていたエルさん、発見。そこをトリミングして引き伸ばしてみました。

元気に走る、エルさん。感動の画像です。


b2009_0614dogtimerace0019.jpg

小型犬限定犬種別ハンディ戦 レース結果。
1位は、ポッキーくん。レイラのライバルのひめちゃんと一緒に暮らしている、Fuuママさんの家のアスリート君です。
耳が聞こえにくいというハンディを乗り越え、堂々の優勝。おめでとう。
ゴール前、伸びやかに加速したフォームが印象的でした。
2位、3位は、ハンディなしで、ロンより速かったトイプーさんの、野原くんと、ラブちゃんでした。
おめでとう。

耳や、目や、病気の障害や、チビパピのハンディがあっても楽しく参加出来る、ドッグタイムレース。
そんな子達が頑張っている姿が見られるのも、素晴らしいことです。

ドッグタイムレース。次回は、秋です~。楽しみ~♪



b2009_0614dogtimerace0015.jpg

東扇島東公園のパンフレットによると、この、ひろ~~い、それぞれ、9000?の広さがある第1&第2の多目的広場。イベント(JKCのアジリティーなど開催されています)や、スポーツの練習などに利用されているようです。災害時に物資輸送中継基地となるとかで、平らに整備されています。
事前に団体登録すれば、2時間2250円、4時間未満、4500円、8時間未満 9000円で利用できるようです。
ドッグイベントクラブさんが、ドッグタイムレースを芝生の広場で開催しているとき、多目的広場を貸し切りしちゃうと、楽しいかも。その他、バーベキュー広場(申し込み制)や、広い屋根付きのテーブルなども、あるしね。向こうに見えているのは、駐車場です。

b2009_0614dogtimerace0023.jpg


先日、三渓園にホタルを見に行ったのですが、そのとき、コンデジを夜景モードにしていて。
そのままの状態で、何度もレイラが写っていたポスターを撮っていた結果。電池がなくなってしまい。
hatata、写真、撮れませんでした~。
今回のロン&ルウ&エルさんの写真は、すべて、エルママさんにいただいたものです。
可愛い写真をたくさん撮ってくださって、ありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。