3パピ春のお散歩写真と、レイラのCD1

2009.04.23.Thu.02:18
桜が散って、色とりどりのお花が綺麗な季節になりました。

緑のそよ風もすがすがしく、やぶ蚊もいなくて、い~い季節ですが、この時期の散歩で憂鬱なのは、桜のがく? と、くっついたらはがれない、小さい種がたくさんついている、木から落ちるモヨモヨとしたひも状のもの。

散歩道の緑道には、やたら、桜のがくと、小さい種をまき散らす木が植わっています。

帰宅後、洗面所でイスに座って30分、ひとつひとつ取り除く作業を強いられます。小さい種の方が、すっごく取りにくいの。

でも。レイラのコートには、ま~ったくくっつきません(拍手拍手)洗面所で足だけ洗って、ハイOK

ロンは、テールを下げて、地面を掃除しながら歩いているため(こども恐怖症につき)テールの先は、モヨモヨがたくさんくっついて、ホウキそのもの。
けっこう長い、足の飾り気にも、ぎっしり。ストレートで種を寄せつけないレイラの足の飾り毛と毛質が違っていて、ロンの足の飾り毛は、柔らかいので、小さい種が無数にくっついてしまって、それはそれは、大変。

ルウは、袴の毛、お腹の毛、足の回りが大変なことに。
モヨモヨを引きずって歩いてしまうので、散歩中、半分の行程は、抱っこか、ポンポちゃんリュックにしまってしまいます。
ルウは、秋の種も大変、枯れ葉も大変、早朝に行くとはいえ夏の暑さにも気を遣い。
コートが地面近くまであるので、すぐに、いろいろな物をくっつけてしまいます。
ルウは、緑道散歩向きでは、ない子です~。ルウも日陰が涼しい緑道より、暑くても、石やアスファルトの道が好きみたい。都会向き。



久々に3パピ3ショットを撮影してみました。



ルウとレイラのニッコリ顔~。まぶしいだけなんですけれどね。可愛い。

2009_0419folwer0009.jpg

目下レイラにお座りなど教えているのですが、ロン&ルウも、オヤツがもらえる機会に参加したいわけで~。
ロン&ルウは、以前から、お座り&伏せがいちおう出来ますから、2パピには、お座りor伏せでオヤツをあげています(レイラには、伏せは教えていません)

2009_0419folwer0002.jpg


八重桜、そろそろ終わりですね。
2009_0419folwer0004.jpg

もうすぐ、こどもの日。
2009_0419folwer0006.jpg


こどもの声&姿を見ると、超不安になるロンは、散歩中も尻尾下げ下げ。前足上げて、ちょっと不安気
2009_0419folwer0001.jpg

2009_0419folwer0008.jpg


2009_0419folwer0010.jpg

*************************

先日、パピヨンの未来ちゃん、「10歳お誕生日おめでとう♪」の会があって、未来ままさんや、カイト君&タクト君のママさんと楽しくおしゃべりをしているうちに話題が出て。CD1受験を決めてしまいました。

ゴールデンウィークにだけ開催される、アクセスが、とっても楽(本牧宮原バス停真ん前)な、横浜本牧でのドッグショーがあって、そこで試験をしてくれるらしいので。


主催者に申し込み書を送っていただき、レイラのCD1の受験科目を決めました。

犬の訓練試験の実技は、「脚側停座に始まって脚側停座に終わるものとする」らしく。
お座りを知らないレイラの訓練は「お座り」が最重要課題になります~…って言うと、笑われるんですが。


【紐付脚側行進】(必修)

出発点で犬に脚側で停座させる。審査官の指示によりコの字型で一辺10mのコースを往路は常歩で(10m×3辺×往復=60m)
出発点に戻ったら右回り、または左回りで来た方向に向かって止まり、犬を脚測停座につけて終わる。

【立止】(必修)

犬を所定の位置に脚側停座させる。指示により指導手は犬に立止を命じ、犬が立止して約3秒経過後、審査官の指示により犬を脚側停座につけて終わる。


レイラ、ボールを持ってくるのは大好きですが、他に芸は出来ないので、選択科目は、比較的定番のものを選びました。


【紐無し脚側行進】(選択1)

【停座及び招呼】(選択2)

犬を所定の位置に脚側停座させる。審査官の指示により、指導手は犬に「マテ」を命じ犬の10m前方で対面し直立する。
指示(約3秒経過後)により犬を招呼してから、脚側停座につけてから終わる。

【据座(きょざ)】(選択3)

犬を所定の位置に脚側停座させる。指示により、指導手は犬に「マテ」を命じて、常歩で犬から10m前方に行き、犬と対面直立する。
約30秒経過後、指示により指導手は犬の元へ常歩で戻り脚側停座の位置で直立して終わる。



立止は、ステイなので、レイラは、出来ます。
でも、前後、お座りをしなくては、ならないので、お座りが出来ないと(笑)
オヤツ大好きレイラに、お座りをさせるには、オヤツを前から頭の後ろにもっていけば、OK。

「シット」というコマンドを使っていますが、レイラ、hatataの腕の動きで判断しているかも~なので、コマンドだけで、出来るようにならないと、ね。


紐無し行進も、教えなくても出来ました。いつも、hatataと一緒に歩きます。
でも、hatataの腕の長さ分離れたあたりの少し前を行くことが多いのです。
紐付きのお散歩の時も、そのあたりをルーズリードで元気に歩いています。
ショードッグ歩きには、ちょうどいい位置です。
(そんなわけで、ショーに出た時も、ルーズリードで歩いてOKなので、楽ちんでした)

家の3パピのお散歩用リードは、一般のリードより短くて1m弱。
ルーズリードで歩いている3パピ。普通の長さのリードだと、パピ達、たるんでいる自らのリードに足をからませてしまうのです(散歩の距離が長いので、グイグイ引っ張ってられないものね~)

ただ、訓練の歩き方は、もっと身体にくっついて、前に出ないように歩かせなくてはなりません。
お散歩デビューの時など、不安なので、人間(=ボス)を頼って、自然にそういう歩き方をします。
ルウにとって、ロンはボスなので、たま~に一緒の場所を歩かせると、ルウは、ロンの肩から前に出ず、コートをぴったりくっつけて歩きます。
外では、不安でいっぱいなロンが、頼りになるとは、思えないんですけれど~。

少し離れる&少し前に出て歩くのを、この「儀式」の時限定でやめさせるには…。
hatataが普通に腕を振って歩きます。で、そのとき、手にオヤツか、ボールを持っているのがポイント。
レイラは、動く標的に夢中。自然に「つけ」が出来るのです。
でも、レイラ、時々、前足ウイリーして、オヤツやボールを奪い取ろうとしますが。
問題は、本番中、オヤツやボールを持って歩けないことです~。


招呼というのは「COME」のこと。これは、レイラ、大得意。

でも、こちらに走ってきてから、クルッと方向転換して、hatataの脇に「お座り」の練習が必要。それから、また、「ついて」でhatataと一緒にスタート地点に位置に戻って、クルッと回って脇にお座り。


据座 コマンドに従って「伏せ」をするのはルウもロンもあまり好きではないみたい。
レイラに伏せを教えるの、気が乗らなかったので、「待て」の長いバージョンを選びました。30秒待つことは出来ます(本番だと、不安で、くっついてきてしまうかも~ですが)
問題は、30秒待てた後、hatataが、動かないでいるレイラに向かって歩いて、レイラの脇と後ろを通って、レイラの右側に戻らなくてはいけないこと。
ステイポーズのときは、360度回りを回っても動きませんが。お座りだと、ちょっと靴の音が不安なようです(レイラは、ステイポーズでいるときの方が、次のアクションを起こしやすいので安心なのでしょう)
でも、怖くないってことがわかれば、大丈夫なはず。



レイラは、「立っている=ステイ」が得意なので、はじめとおわりの「お座り」は、いちいち「シット」と声をかけてしなければなりません。


呼び戻し、オモチャを持ってきて手に戻す、待て、hatataのペースで一緒に動く、じっと動かない(ステイ)など、必要なことは、今さら教えなくても出来ているレイラですが、訓練試験は、面倒な決まりがアレコレあって。

お座りを教えるのにプラスして、本筋ではなく、細かいことの練習が必要なのです。



食いしん坊のレイラ、オヤツで釣ると、目が真剣に。で、だいたい出来ます。

でも、本番は、オヤツが出せません。
オヤツなしで~が課題です。

本日、砂肝をオーブンで焼いて、ジャーキーを作ったhatata。
(水洗いし、水分をふき取った砂肝を適当な大きさにカット。160度のオーブンで40分)


一通りの儀式(5種類の課題の連続)が出来たあと、褒め称えてあげる、とっておきのオヤツです。


あと10日なので、毎日儀式を3回(砂肝、3回)を目標に、ボチボチ練習をしていきたいと思います。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する