カーロ・フォレスタ山中湖へ その(1)

2017.04.29.Sat.23:34
4月11日、カーロ・フォレスタ山中湖に泊まってきました。
食いしん坊のhatataは、美味しそうなお食事の写真が写っていた2年前に宿泊したエルママさんのブログのことを、しっかり覚えていて。

★眼が見えにくくなり、より神経質になったロンのため、ほかの犬が泊まっている可能性が低い、部屋数が少ないホテル。
食事が美味しいホテル。
★5パピヨンだけで遊べる可能性があるドッグランがあるホテル(部屋数が少なく、ドッグランが複数あるホテル)
33-DPP_78.jpg
★4月でも気温が低くない場所で近場(山中湖は我が家から一般道で行かれます)
★景色が綺麗なところ。(hatataは、富士山を愛しています)
★5パピでも泊まらせてくれて、犬の宿泊料金が安いホテル
★お得でリーズナブルなホテル
という、ハードルの高い条件を、すべて満たしたホテルCARO FORESTA 山中湖。
12-DPP_33.jpg

予約する時点で「イベント・宿泊ペット情報を見る」をクリックすると、大型犬と中型犬と小型犬が何頭泊まるかわかります。
hatataが予約した時点で、大型犬の予約が入っていましたが、小型犬5頭の予約が入ったので、大型犬の方は別の曜日にされたようです。犬の予約状況がわかると、日にちを選べるので、とてもありがたいです。hatataが宿泊した日は、おとなしくマナーがばっちりはいったキャバリアちゃんが二頭。レストランで、ロンも安心していましたから、とても良い子達。

カーロ・フォレスタのリゾートホテルグループは、13店舗ありますが、いろいろな期間限定お得イベントがあり。
我が家は、当時販売されていた、お得な緑の平日限定宿泊券。11枚つづりの回数券(山中湖、山中湖Woof、軽井沢、北軽井沢、菅平、立山、三浦海岸、元箱根、那須高原の9箇所のホテルで使用可能)を購入。息子は土日仕事があるので。
※2017年4月30日現在販売中の回数券は、全日チケットのみです。
緑の回数券の平均割引率は、全日回数券でも21.8%. 1枚当たり13000円。お得です♪ カーロ・フォレスタ山中湖のデラックスルームにも使えます。
カーロリゾートグループの回数券(いろいろな種類があります)のことは、エルママさんからも聞いていて。
トイレと浴室は部屋外です(元は、企業の保養施設だったとか)が、42.82㎡のデラックスルームも、21.42㎡のスタンダードルームの金額とあまり違わない金額で宿泊できました。
いつも5パピと寝ているので、ベッドよりも 寝るところは、和室に布団の方がありがたいのです。
自宅のように自由にするわけにはいかないので、布団の周りに5個のパピヨンが入ったバッグを並べて就寝。
デラックスルームは、こんな感じ
トイレは1階と2階に。お風呂は2箇所。内鍵をかけて貸し切りで使います。
1階は、デラックスルームとスイートルームのみ。スイートルームはデラックスルームにバストイレがついた部屋。
その分お高いのでスイートルームの宿泊者はなし。
1階に宿泊は我が家だけ。1階のトイレを使用するのも、私たちだけ。
残念ながらデラックスルームは1室のみなので、息子たちは、回数券を使用せず、2階のスタンダードルーム

レストランで料理の写真を撮ったことは、ありませんでしたが、初挑戦。

イタリアンレストラン・ルスパンテ  三井崇シェフ 
地元の食材を使った丁寧で心のこもった創作料理が、とても素敵で。噂通り美味しいディナーでした。
お腹いっぱい幸せ気分。
ラヴィが首輪抜けをして、首輪を壊した以外は(破壊魔2パピがいるので、首輪の予備は常に携帯していたため、事なきを得ましたが)

前菜  新玉葱のパンナコッタ オレンジ風味の海鮮と共に 
05-DPP_8_20170429213758a10.jpg

パスjタ  甲斐サーモン(紅色ニジマス)とヤリイカのトマトソーススパゲッティーニ
06-DPP_9_20170429213804d69.jpg

スープ  旬魚のポアレ スープ仕立て 山菜のフリット添え
07-DPP_10_20170429213810a7d.jpg

桜の香りをまとった熟成甲州ワイン豚ロース肉のロースト
そのジュのソースと塩漬けレモンを添えて
柔らかくて美味しいお肉でした。
08-DPP_11_201704292138094e0.jpg

デザート  旬の果物とピスタチオを使ったでセール 
マンゴーとパッションフルーツのソルベ添え
09-DPP_12_20170429213806c87.jpg

JKCの会員証を提示すると、飲み物が1杯無料に。
夫はビール、息子たちはカシスソーダのカクテルを注文。
JKCの会員証で特典を受けられたのは初めてです。

朝食
11-DPP_35.jpg

朝食時、二階のレストラン窓から見えた富士山
近いので迫力がありますね。
21-DPP_34.jpg

宿泊当日は、雨。富士五湖地方は、雪がちらつくかもしれないという予報。
峠越えは、怖いので。東名と東富士五湖道路を使い、籠坂トンネル使って峠を回避。
大雨でしたが、室内コミュニティースペースでたっぷり遊べました~。
狭い部屋ですが、四方の壁にボールをぶつけてもOKとのことで。
我が家愛用のスーパーキャットのハイバウンドボールS(2個入り)。スカッシュのように、よく弾み。楽しく遊べました。跳ね返ったボールがどこにいくか見極めてボールをキャッチしなくてはなりません。ボールが知育玩具になりました。
レイラとリリー。女の子組は、賢く運動神経抜群なので、すぐにコツをつかみましたよ。
01-DPP_4_20170429221805272.jpg

壁はコンクリート、落書きがびっしり。
02-DPP_5_201704292218031f6.jpg

思いがけず、地元在住のWさんが遊びに来てくれました。
プレゼントしていただいたおもちゃで。ソファーにカバーがかかっているので安心。
04-DPP_7_201704292218009ac.jpg

今も、嬉しそうに遊んでいます。ありがとうございました。
03-DPP_6_20170429221805363.jpg


翌朝、早朝。富士山が大好きなhatata。朝の富士山をみるため、2階食堂に。
満月と富士山の取り合わせが、幻想的でとても美しかったのですが、「きれいだよ」と夫を呼びに階下に行っている間、満月が一部、富士山に隠れてしまいました。
10-DPP_13_20170429222112e2b.jpg

パピ達は食後、人間は、朝食前。逆さ富士が撮りたかったので、ホテルの方に教えていただいた長池親水公園へ。車で10分ほど。
19-DPP_30.jpg

ほぼ無風のように感じましたが、さざ波が。
逆さ富士を撮影するのは、なかなか難しいですね。
裾野まで見える富士山、素敵です~。
たっぷり時間をかけて、大好きな富士山の雄大な姿を楽しみました。
13-DPP_21.jpg

山中湖は、アクセスのいい河口湖より、静かでいいですね。
朝陽を浴びる5パピヨン
20-DPP_31.jpg

ビィ 2歳6ヶ月
18-DPP_28.jpg


リー 2歳7ヶ月
14-DPP_24_20170429222813940.jpg

ウ 
胸部エコー、腹部エコー他、健康診断の結果は良好。そのわりには、散歩に行きたがらないお座敷犬。
15-DPP_25.jpg

イラ  10歳7ヶ月 
60歳近いのに、リリーと一緒に遊ぶ元気娘。胸部エコー、腹部エコー他、健康診断の結果は良好。
16-DPP_26.jpg

ン 12歳11ヶ月 
胸部エコー、腹部エコー他、健康診断の結果は良好。家の子たちは、5パピともパテラなし。シニアパピ達、そろって若々しい身体だそうです。あやかりたいものです。
今回の旅行は、ロンの13歳誕生日記念。人間なら70歳近くになってしまいました。
ロンは、5月9日生まれ。5月生まれなので、誕生月の宿泊者特典は残念ながら使えませんでした。
17-DPP_27.jpg

電子レンジで解凍した手作り食を食べて、食休み後、チェックアウト時刻まで、ドッグランで遊びまくるパピ達。貸し切り状態。
ウッドチップを敷き詰めたドッグランが二か所。
宿泊・レストラン利用者は無料だそうです。近くに住んでいる方が羨ましいです。


怖がりのロンもご機嫌。ご機嫌ロンとレイラも、耳45度。
32-DPP_77.jpg

爆走娘以外の男の子たちは、念のため防寒着。
千葉の九十九里サーフショップ工房でオーダーしたウエットスーツ。
レイラとラヴィの体長が同じなので、レイラの分はラヴィが着用。
31-DPP_76.jpg


さらに、宿泊した時期には、チェックアウト時、同グループの山中湖ドッグリゾートwoofの招待券がもらえました。
我が家は、総勢人間4名+犬5頭分。な~んと9000円分おタダになる招待券をくださるという太っ腹企画。
この多頭飼いには特にありがた~~い山中湖特別キャンペーン。2017年4月30日現在、まだやっていました。
ワフ宿泊者はチェックアウトしたあとなので、インドアドッグプール(別途要追加料金が必要。パピヨンにはヘビーな本格的なプール)で身体を鍛える大型犬の方々のみドッグランは我が家の犬だけの貸し切り状態。
次回、ドッグリゾートwoofのドッグランで伸びやかに爆走するパピ達の写真特集。
72m(最大幅※最小幅は20m)×147mの素敵な林ドッグランです。


カーロフォレスタのドッグランで走る写真の続きは、こちらをクリックしてください。
続きを読む "カーロ・フォレスタ山中湖へ その(1)"
スポンサーサイト

山北の満開のさくらと、chieさんの思い出

2017.04.19.Wed.19:57
hatata、撮り鉄してきました。
御殿場線、山北駅付近。以前から行ってみたいと思っていました。
12日、山中湖からの帰りに寄ってみたら満開。
翌日、4月13日(木)再度撮影に行ってきました。
今年の桜は、長く咲いていたので、桜まつりは終わっていたのに、まさに満開。
散っている花びらもほとんどありません。
お祭りが終わった後の平日朝のせいか、駅近の撮影スポットの「三良橋」には、hatata1人。
桜さくらの景色をじっくり堪能させていただきました。


撮り鉄子に変身hatata
松田駅6:50発静岡行に乗車。車内、カメラ持参の人は皆無
御殿場線、運転席真後ろ、窓越しに。山北駅到着直前
DPP_4_20170418173138206.jpg

7:00山北駅下車。素早くホームの端に移動して、今乗ってきた電車を撮影
撮影スポットは、信号後ろの橋
左の鉄道公園内 鉄製階段途中も撮り鉄さん、お気に入りのスポット。
DPP_5_201704181731423a1.jpg

山北鉄道公園、蒸気機関車D52が展示されていました、D52は、平塚市博物館にも展示されています。
DPP_6_201704181731470b6.jpg

山北鉄道公園の桜
DPP_25_20170418203545139.jpg



山北鉄道公園に下る階段途中から。ここも鉄道と桜の写真スポット。
DPP_7_20170418173135571.jpg


公園上の道路も、さくらさくら
DPP_24_20170418203537f87.jpg



御殿場線の掘割には、東京方面から「三良橋」「中橋」「青橋」「山北橋」の4本の橋があり、特に「三良橋」と「青橋」が写真を撮るには最適。
青橋は、山北駅方面に桜並木が広がり、美しいのですが、朝は逆光のうえ、ベストな撮影スポットは、金網が高くなっていて、脚立が必要。青橋、鉄格子越しの桜。山北駅付近の御殿場線路は東西に敷かれているので、青橋から桜並木とあさぎり号を写すには、14:10通過のあさぎり11号(平日運休)か、16:04通過のあさぎり5号が青橋がカメラ向きの光線(2017年4月現在の時刻表より)
DPP_9_20170418173146253.jpg

鉄道より桜を撮りたかったこと、朝の光線で電車と桜を撮るには「三良橋」がベストなので、三良橋で撮影することに。
駅近です。
DPP_10_20170418190759ed0.jpg

山北駅 上り7:32発 下り7:33発の2本の御殿場線を写すことができます。
DPP_12_20170418190813765.jpg



IMG_6930.jpg



DPP_14_201704181908188e5.jpg


DPP_15_201704181908195c4.jpg



DPP_16_20170418191043f0a.jpg

あさぎり1号通過は8:00頃。山北駅には止まりません。撮り鉄子?hatata本番
DPP_17_20170418191101c00.jpg


DPP_18_20170418191050aa8.jpg


DPP_19_20170418191100f2b.jpg


DPP_20_20170418191102adf.jpg


DPP_21_20170418191104e47.jpg

山北駅 上り(松田、国府津行)8:14に乗って帰宅します。
7:00~8:15まで桜並木を満喫。駐車場が少ないので電車で行く方がよいかと。
DPP_23_20170418203458189.jpg
来年は、帰りに小田原城に行きたいと思います

【オマケ】
帰りに写した最寄り駅の桜と、川面の花いかだ
DPP_26_20170418203547d07.jpg


帰りに寄った、最寄りスーパー前の公園の桜 
満開なのに人がいません。
DPP_27_20170418203547cf5.jpg


DPP_28_201704182035243ce.jpg

チャリで2分。何度も魅せてもらった東海大学の桜。静かなお花見。
満開の時期を過ぎ、この日は花吹雪。お菓子とお茶を入れたバッグの中にも花びらがたくさん。
お茶とお菓子を食べながら、花びらを全身で受け止めていました。
DPP_32_201704182141209d2.jpg


DPP_29_20170418214125be0.jpg


DPP_30_2017041821412744b.jpg


DPP_31_20170418214118511.jpg

さくら咲き、春がきて、心浮き立つ4月ですが、4月は、4年前に義母、2年前に義父と永遠の別れをした月。
そして、ロンのお里のchieさんとも、2年前の4月11日、永遠のお別れをしました。
いつも明るく美しく。そのうえ生真面目で、とっても頑張り屋さん。
小山さんから譲り受けた耳毛(イヤーフリンジ)が長い、スウェーデンラインのパピヨンを、ブリーディングをされていました。
何度も開催されたガーディアン・ライアンズミカニヤンケネル、ジャスト デライト パピヨン3ケネル合同ファミリー会 。
そして、 ジャスト デライト パピヨン単独開催ののファミリー会。
楽しい思い出がたくさんあります。
ルウをhatataに紹介してくれたのもchieさん。
ロンの両親のルークくん、リリーちゃん、そしてロンと同胎のビービーくんは、chieさんのご両親の元に。
chieさんの親友の元にジュリアちゃん。chieさんの親友の知り合いの愛犬家さんの元にオレオちゃん。
みんな、元気に幸せに暮らしているそうです。
信じられない思いで訃報を聞いたあれから丸二年。毎月お墓参りをされているchieさんの親友Nさんと、miyukiさんと3人で本日鎌倉にお墓参りに行かせていただきました。
chieさんが繁殖したパピヨンたちは、それぞれみんな幸せに暮らしています。
我が家のロンも、hatataが溺愛していますので、chieさんも天国で喜んでくれていると思います。

ドッグショーを見学に行き始めたのは、ロンのパパ、ルークくんやダンシングマスター(ウルバン君)の子のジュリアちゃんの応援をするため。
chieさんも車の運転をされなかったので、パシフィコ、ビッグサイトの室内インターの他、本牧など、無理なく行かれる範囲でオーナーハンドリングされていました。hatataもchieさん同様、室内インター中心にオナハンをしています。レイラとチャンピオン完成したときも、喜んでくれましたが、リリーがジャパンインターのウイナーズになったところを見に来てくださっていたら、きっととっても喜んでくれたはずです。本日、リリーのお立ち台の写真をもって行き、墓前で報告させていただきました。
残念ながら、Just Delight PapillonのHPは、削除されてしまいましたが、懸命に生きたchieさんのことは、忘れません。

ジャパンインター2017でウイナーズ~FCI Japan International Dog show2017 my pap got WB.

2017.04.08.Sat.15:21
リリー、FCIジャパンインタードッグショー2017で、牝のウイナー(ウイナーズビッチ WB)になりました。
愛するペットちゃんと出陳、オーナーハンドラーのhatataにとって、びっくりぽんの、とんでもない快挙です。
優秀だったルウもレイラも、インターのウイナーにはなっていません。
今回は、親ばかに拍車がかかっています。ご容赦ください。
1-15-24-DPP_27.jpg


15-24-DPP_27.jpg


17-26-17799083_765812846918531_2928247052566203141_n.jpg


1-IMG_0899.jpg

ブリードジャッジは、イギリスのアンドリュー・ブレイス氏 (Mr.Andrew Brace はFCIジャパンインター2017の、ベストインショーのジャッジで、世界三大ドッグショーの審査もされている有名な方だそうです。)
アフガンハウンドの繁殖にもかかわっていたようなので、リリーとラヴィのコートの質もみてもらえたのだと思います。
ジャパンインターは「国際畜犬連盟(FCI)からアジア地域最大規模の展覧会として承認されて」いるそうです(出陳表より)
今年も全犬種あわせて2300頭を超える出陳がありました。

リリーは、物事に動じないショーマンシップあふれる子。
そのうえ、男の人を魅了する魔女力があるので、それも得点源だったのかも。
私は、何も心配することなく、オーナーハンドリングも簡単。
ルウちゃんタイプ。誰がひいても、リリーは「出来る子」
触診台の上でも、写真撮影のお立ち台の上でも、リリー自らポーズをとり、一発OK

応援に来てくださったエルママさん撮影。ありがとうございます。
18-01-DPP_10.jpg


12-21-DPP_24.jpg


19-02-DPP_11.jpg


08-17-DPP_20.jpg


05-14-DPP_7.jpg


20-03-DPP_12.jpg


23-06-DPP_15.jpg

ジャッジを見上げると、照明が反射してお目目にお星さまが。少女漫画の主人公のようなお顔に。
魔女っ子リリービーム!
03-12-DPP_5.jpg


06-15-DPP_8.jpg


07-16-DPP_9.jpg


11-20-DPP_23.jpg


13-22-DPP_25.jpg

リリーはパピー1日目に出陳した後、ショードッグしていませんでした。
レギュラークラスは、神奈川インター2017についで、2回目の出陳。
早朝事前練習もなしで、エライですね~。
ベビーの頃から鈴木先生のマッサージを受けていますし、ドッグショー前、金曜日にも来ていただきました。触診は、慣れています。
シルキーなシングルコートも綺麗(hatataのシャンプー技術はイマイイチですが)歯並び◎歯も真っ白

21-04-DPP_13.jpg


以下の写真はYumiさんからいただいた写真です。ありがとうございます。犬だけトリミングしたら、写真が小さくなってしまいました。
11-11-NK_2017-04-02_12-01-53.jpg


12-12-NK_2017-04-02_12-01-55.jpg


13-NK_2017-04-02_12-01-59.jpg


14-14-NK_2017-04-02_12-02-17.jpg



15-NK_2017-04-02_12-02-18.jpg


16-16-NK_2017-04-02_12-11-22_02.jpg


17-NK_2017-04-02_12-27-43.jpg


18-NK_2017-04-02_12-28-31.jpg

ドッグショーは、美人コンテストではなく、その犬のクオリティー、コンディション、 サウンドネス、 バランス、 キャラクター が総合評価されます。

    【サウンドネス】
     精神的にも肉体的にも健康な状態であるか確認します。
     おびえたり過度に攻撃的であったり、骨格や筋肉の状態や、
     歯の噛み合わせが悪くてはいけません。

    【キャラクター】
     何か光り輝くものがある、ひときわ目立つマナーがいいというような魅力。

    【バランス】
     全体の調和がとれている。魅力的な各部のポイントが全体の感じを損なわず
     かえってその犬全体を魅力的にしていること。

リリーは、サウンドネス、キャラクター、バランスが特に評価されたのだと思います。

(1)クラス1席の選出
 最初にそれぞれ同じ犬種の中から、チャンピオンクラスを除く牡牝各6クラス(オープンジュニア、オープンヤングアダルト、オープンアダルト、自家繁殖ジュニア、自家繁殖ヤングアダルト、自家繁殖アダルト)それぞれの1席を選出します。
(2)WD・WBの選出
 各クラスの1席に選ばれた犬の中から、牡はWD(Winners Dog)、牝はWB(Winners Bitch)を選出します。

WB(ウイナーズ ビッチ)になるには、クラス選とウイナーズ選で選ばれる必要があります。
ルウとレイラは、(1)のクラス1位でMCCカードをゲットしました。
リリーは、(1)と(2)で1番に。ウイナーズ選では、あっさり決まったので、ジャッジがリリーを気に入っていたのでしょう。
居並ぶ有名犬舎の素敵パピヨン達の中から、よく選んでもらいました。
リリーは、ELF KINDERGARTEN エルフさん繁殖の子です。
血統書名は、 ELF KINDERGARTEN JP MULAN RIRIAN
犬名リリアン、通称リリー(ミドルネームのムーランは、ガーディアンライアンズにいるレイラのママ、気品ある大好きなムーちゃんの名MULANをいただきました)
ママはイマルちゃん。パパは、ラヴィの出身犬舎マックスディーンにいるジャスパー君。ジャスパー君は可愛い遺伝子の持ち主。



ラヴィもオープンアダルト牡から出陳。
ラヴィ5頭中3位
ラヴィ、リリーが得点を稼いだサウンドネスで大幅減点。
触診台の上でおびえて、身体をくねらせて超へっぴり腰でしたから。
コートの質◎ 歯並び歯の美しさなど、リリー同様◎


同じようにベビーの頃からマッサージ受けていたんですがねぇ。
同じように育ったのですがねぇ。
リリーだけだったら、hatataのハンドリングは上手ということになりますが。
ラヴィがいるので、実力がないこと、ばれます。
レイラやリリーは、hatataがいなくても大丈夫なので、ハンドラーhatataの実力とは無関係なのです。
03-NK_2017-04-02_11-01-04.jpg

暴れないように、hatataが後ろ足を持ち上げているの図
02-NK_2017-04-02_11-01-03.jpg

触診台が終わったとたん、元気に歩く甘えん坊の坊や。
01-NK_2017-04-02_10-59-34.jpg


04-04-NK_2017-04-02_11-01-26_01.jpg


05-NK_2017-04-02_11-01-27.jpg


06-NK_2017-04-02_11-01-28_02.jpg


07-07-NK_2017-04-02_11-01-29.jpg


10-10-NK_2017-04-02_11-01-39_04.jpg


09-09-NK_2017-04-02_11-01-39_01.jpg


アップダウン後、ジャッジの前でジャッジをみつめてステイ。
触診台でのマイナス点を、上手にできたアップダウンで少し取り戻しました。
触診台が終われば、元気なラヴィ。ジャッジも嫌じゃないみたい。
08-08-NK_2017-04-02_11-01-36.jpg

再びエルママさんが写してくださった写真。
6-6-DPP_9.jpg


2-2-DPP_5.jpg


1-1-DPP_4.jpg


3-3-DPP_6.jpg


4-4-DPP_7.jpg


5-5-DPP_8.jpg

この日、感動したのは、オーナーハンドラーでSALA ROSSOの武蔵君がBOB(優勝)したこと。
パピヨン牡チャンピオン犬は18頭。ジャパンインタードッグショーの花形は、牡のチャンピオンクラス。
その後のグループ選でも、激戦の愛玩犬9グループで4位!
日本では、愛玩犬の9グループは、世界の名犬が並びます。
パピヨン牡のチャンピオンクラスには、2017年3月に開催された世界最高峰のドッグショー「クラフト展」(@イギリス、バーミンガム)でBOB(優勝)した子も出ていたんですよ~。

17499238_779272808894253_2534181498132526226_n.jpg

21-1-17629591_779272795560921_3518597305924571213_n.jpg

今年より、ジャパンインタードッグショーのお立ち台写真撮影
ジャッジとリボンが合成に。
ジャッジなしなので、すぐに撮影可能。並ぶ必要はなく、楽でしたが…。
オプションで撮影料とは別に支払わなくてはなりません。

今回から、フォトナカムラ 中村 正敏さんにお願いしました。
ジャパンインターウイナーになり、憧れのe-Dogにリリーのお立ち台写真も掲載されて、嬉しかったです。
注文した写真の他、キングサイズ3枚 (ハガキサイズ) 及び 犬のみアップ写真3枚(Lサイズ) DNA用を添付サービスされるそうです。 そのうえ、Facebookでもリアルタイムでシェアしてもらえます。