ルウ、リリー、ラヴィ。エルママさんの新しいレンズで撮影

2014.12.21.Sun.13:30
ルウ、リリー、ラヴィ
エルママさんの新しいレンズで撮影してもらいました。
hatataのレンズも、明るく写りますが、新しい高級レンズは、さらに明るく素敵に写せます。
スペシャルサンクス!

お気に入りの写真。ルウくん。
9歳10ヶ月と9日 ヒトなら55歳くらい。年明け2月で10歳になります。

09-MyPhoto201412161452_0022.jpg


カメラで撮ってもらうのが大好きな、ナルシストルウ。
パピー達を写そうとしているエルママさんのカメラのそばで、ポーズとりまくりだったようで。

07-MyPhoto201412161452_0018.jpg



08-MyPhoto201412161452_0020.jpg


欠伸、撮ったことなかったです~。これが、精一杯の大きいお口
06-MyPhoto201412161452_0017.jpg



ルウといえば、ラックちゃん。血統も近いです。
ラックちゃんは、ルウより年下。先日8歳の誕生日で。この日は、8歳と9日目。
10-MyPhoto201412161452_0026.jpg


チビパピは、おじさんになっても可愛い!
11-MyPhoto201412161452_0033.jpg



ラヴィくん。2ヶ月17日目 生後79日で、ヒトなら3歳くらい。
お散歩デビューは、来年になるまで、お預け。まだまだお外がこわいみたい。
02-MyPhoto201412161452_0012.jpg


リリーと互角。ほとんどの時間、2パピでじゃれ合っています。
じゃれ合っているか、ネンネしているか、2パピでイタズラしているか。
01-MyPhoto201412161452_0011.jpg



リリーちゃん。3ヶ月18日 生後111目で、 ヒトなら5歳くらい。
03-MyPhoto201412161452_0013.jpg


ラヴィと互角ですが、体力的には1ヶ月お姉さんの、リリーの方があります。
05-MyPhoto201412161452_0015.jpg


ラヴィとリリーの体重差。家にラヴィが来たときは300gでしたが、現在150g
18-MyPhoto201412161452_0051.jpg


リリー、ラヴィが来たときから、食欲旺盛になりましたが、ギャル曽根型で、食べたもの、モリモリ排出。
パピー顔&パピーコートから、お姉さんパピ顔&大人のコートに変化中。
04-MyPhoto201412161452_0014.jpg


疲れた頃、2ショットで撮影を試みましたが、ラヴィ、体力の限界でネムネムのお顔。
19-MyPhoto201412161452_0059.jpg


エルママさんが、素敵に撮影してくださいました。
13-MyPhoto201412161452_0030.jpg


羽と両腕とお顔。電動で動きます。
15-MyPhoto201412161452_0031.jpg



14-MyPhoto201412161452_0034.jpg


こちらも、クルクル回ります。
12-MyPhoto201412161452_0032.jpg



16-MyPhoto201412161452_0040.jpg


集合写真。リリーとラヴィがじゃれ合って、じっとしてくれないので、これが限界。
17-MyPhoto201412161452_0045.jpg

サブレ君、ラック君、デューク君。また遊びに来てね。

リリーとラヴィは、仲良しラックちゃんとデュークくんのように、
ず~っと、一緒に遊んで一緒にネンネして、ず~っと楽しく暮らしていくことでしょう。
スポンサーサイト

ラヴィ & リリー  2パピ迎えてよいことが、いっぱい♪♪

2014.12.16.Tue.00:04
リリーの社会化に協力してくれるということで、先日雨の日、イチきなママさんと、カイトママさんが、遊びに来てくれました。
遠いところ、ようこそ。
リリーだけのはずが、いきなり、ラヴィも加わることに。前からリリーに会いに来ることになっていた日でしたが、前日、ラヴィも、思いがけずわが家のメンバーになったため、これ以上ないジャストタイミング。
雨だったので、アジリティーの練習に西の方には、てっきり来ないと思っていて。
ランチの支度もあまり出来ていなかったため、hatataは、キッチン。
家のカメラをイチきなママさんに渡して、撮影してもらいました。
可愛い写真を、写してくれました。前日の夜にラヴィを迎えたばかりだったので、とてもいい記念の写真になりました。
ありがとう。

左:ラヴィくん 生後2ヶ月半  右:リリーちゃん 生後3ヶ月半
前日、ラヴィくん、hatata家の家族に。
01-DPP_1 (2)


前列 : リリー、ラヴィ、カイトママ家のフクくん。
後列 : ロン、レイラ、ルウ 少し離れて、きなこちゃん
ラヴィは、はじめての「待て」 はじめての集合写真。
04-DPP_4 (2)

前日、道を間違え、帰りは東京経由。おまけに渋滞に巻き込まれ、かなりの長旅でしたが、ラヴィくんも、良い子。
車酔いも、なしでした。で、家に着いた瞬間から、リリーと遊び始めました。
02-DPP_2 (2)


この撮影の前も、さんざんプロレスし、からみあっていた後なので、眠くなってきています。

ラヴィ、遊んで疲れると、自分から「大きいリュック(別名レイラちゃんリュック)に入ります。hatataはファスナーを閉めます。安心してすぐに爆睡。
03-DPP_3 (2)


ラヴィを迎えてよかったこと、た~くさん。

まずは、シニアパピ達の負担が減りました。
リリーは、1人遊びも出来るよい子ですが。
やっぱり、誰かと遊んで欲しい盛り。
リリーは「遊んで遊んで」と可愛くオネダリするのですが、
家のパピは、お尻を向けていました。
07-DPP_7 (2)

10歳のロンと、2月に10歳になるルウには、子パピパワーは、受け止められなかったみたいです。
09-DPP_9 (2)


でも、女の子の8歳のレイラなら。って思っていたのですけれどね
レイラは、家に来た瞬間から、ロンが遊び相手になってくれていましたから。
でもね。ネズミみたいにすばしっこいリリー。レイラでも追いつかないのです。
これには、俊足レイラのプライドが傷ついたみたいで。
なかなか遊んでくれません。
06-DPP_6 (2)


リリー、1人遊びにあきると、hatataのところに来て「遊んで遊んで」
そうなると、シニアパピ達は、hatataのところにいられません。何しろ、リリー、すごい勢いで動くので。
おちおち、まったりしていられないのです。
08-DPP_8 (2)


揃って甘えん坊の3パピ。「ママがとられた」と、心穏やかではなくなります。
ルウは「ジトッ」という目つきで、少し離れたところから見ているし。
ロンの白内障が悪くなったように思えるし。
レイラも、hatataのところに来てくれません。
05-DPP_5 (2)


ここからは、hatataが撮影
「リリーのオマタの間からのぞく、ラヴィ」
21-DPP_12.jpg


そこで、シニア達に、以前の「まったりした時間」を取り戻してあげるため、ラヴィを迎えたのです。
リリーに遊び相手がいれば、hatataのところに来ることも、あまりなくなって。
そうなれば、シニア達は、元の位置に。hatataもシニア達とまったりしていたい。
11-DPP_2.jpg


ブリーダーさん育ちで、同胎の子達と遊んで暮らしていた、リリーとラヴィ。体格差もあまりないので。
出会った瞬間から対等に楽しそうに遊び続けています。
きっと、一生仲良しに。
10-DPP_1.jpg


一ヶ月お姉さんのリリー。大人パピを、わざと挑発し、それから逃げる技ももっていて、「なかなかやるね」のお姉さん。
鼻が伸びてきて、子パピの顔ではなくなってきています。
お耳もしっかり立ちました。ラヴィと遊ぶとき、集中し続けているので、お耳が、しっかり立っていて。
そこで、時間をかけてテープを剥がしました。
剥がしたても、お耳は倒れない。\(^O^)/
残ったねばねばはシャンプーで綺麗に。

ラヴィも、あと1ヶ月もすると、可愛いレッサーパンダ顔じゃなくなってしまうのかな。
14-DPP_5.jpg


リリーとラヴィを一緒の場所で食べさせ始めたとたん。少食でゆっくり食べていたリリーも、早食い完食犬に。
これも、狙い通りです。ラヴィは、お里さんで、子パピ同士同じ食器で食べていたので。自分が食べ終わると、リリーのを食べようとしますから。リリー、そうはさせじと、早喰いに。それでこそ、hatataの子。
16-DPP_7.jpg


リリーもラヴィも、まだ体重が軽いのと、胴が短い子達なので、上空からみると、ネズミさんにみえて、危険。
ラヴィは、2回目の注射が今月下旬頃なので、まだお外に出せません。
室内で遊ばせて筋力をつけるには、子パピ同士のじゃれあいが一番。
レイラは、羽麗くんやロンとプロレスしていたので、お外デビュー時、全身によい筋力がついていましたから。
15-DPP_6.jpg


たくさん食べて、からみあって、運動十分。
その後、爆睡
というサイクルを一日に何度か繰り返しています。
17-DPP_8.jpg


ネンネしたら、それぞれの仮の家、大きめのバッグにいれます。
多頭飼いゆえ、他の子が入ってこれないエリアの方が、安心して眠れるのです。
きっと、お出かけ時も、バッグで寝ることに違和感がないと思うので、電車に乗っても大丈夫だと思います。
バッグの中は、「閉じ込められる」のではなく「安心する場所にいられる」といういいイメージ。
また、ケージの中で食事させているので、ケージも嫌ではないと思います
長い時間お留守番の場合、ケージに。
12-DPP_3.jpg


ラヴィは、来たときからこの方式。
バッグから出したとき、トイレに連れて行くってことしていたら。
たぶん、ラヴィは、トイレも出来ているように思います。(毎回見ているわけではないので、リリーのとラヴィのチッコ、見分けがつかない分もありまして。まだ確信までには至っていません)
13-DPP_4.jpg


シニア組3パピは、お留守番の時以外は、フリー
寝るときもhatataの布団の回りで寝ますから。
子パピたちと「差別化」
バッグに入れられる子パピと自由な自分。たぶん優位性も感じているのでは。
おかげで、子パピがお昼寝している時間
以前のように、hatataの回りで「まったり」タイム復活
ロンの眼もよくなってきたような気がします。(ロンのこの病気、精神的なものが関与しているみたいなのです)
18-DPP_9.jpg


いつでも遊び相手がいるってことは、幸せなこと。
hatataも、シニアパピ達とのラブラブ生活を続けながら、子パピ達も存分に可愛がることができるようになりました。
シニアパピも精神的に落ち着きを取り戻しつつあります。
19-DPP_10.jpg


一番は、子パピ達の、可愛い絡みを見ていられること。
可愛い光景がみられるブリーダーさんは、いいなぁ~って思っていましたが。
2パピのパピーがいれば、いつでも至福の時が味わえるわけです。

2パピ同時に迎えるのって、よいことだらけ。
思い切って良かったです。

ロンとルウのように(9ヶ月のちがい)間をあけて迎えるより、同時に迎える方がお勧め。
(わが家は1ヶ月遅れましたが)
ロンとルウの場合は、親子関係に近く、「遊んであげる」「遊んでもらう」の関係に。
それよりも対等の関係の方が、よりアクティブ。
犬の成長は、はやいので。
同胎の子や、近いお誕生日の子で、同じくらいの大きさの子がベスト。

hatataも、楽ちん。真剣に遊び、体力も使うので、ネンネの時間が長くなりますからね。
先住犬も、安心、子パピに精気を吸い取られる心配もないし、ママを独占される心配もなく。
子パピは、思う存分暴れて遊んでイタズラして。

ラヴィと出会えた、あの運命の夜に感謝。
20-DPP_11.jpg

ラヴィくんスタック写真♪ & リリーのお耳、立ちました♪

2014.12.13.Sat.02:25
お里のマックスディーンパピヨンにラヴィを迎えに行った折、ラヴィ君を綺麗に立たせてくださいました。
3-DPP_20-1.jpg


美しいスタック。
背線は、まっすぐ。
尾の根元の毛が立ってるので腰高に見えますが。
そこの毛が長くなってきているからです。

ラヴィ君は、リリーの遊び相手として迎えたのです。
ショークオリティーの子を迎えたのは、健全な子を迎えたかったから、です。

ドッグショーは、レイラと楽しく参加させてもらい。
もう卒業したはず。
ラヴィやリリーを迎えるときにも、「ドッグショーに出たかったわけではなく、レイラの犬質が、たまたまショー向きだったので、チャレンジしただけ。なのでショーチャレンジするつもりはなく、ただただペットちゃんとして可愛がりたい」と伝えていました。
リリーにも、お座りは教えていますが、スタックさせてみたこと、ないです。

レイラの練習用に購入したトリミングテーブルも処分したし、ショーリードも、どこかの段ボールの中。
相変わらず車の運転する勇気と運動神経ないし。神奈川の西の方に越したので、ショー会場もますます遠くなったし(出無精hatata、港横浜も「遠い」から行きません)


けれど、ラヴィ君の美しいスタックをみたことで、心が揺れ動きました。
想像していた以上で。
ブログなどでは、お顔の写真しかなかったので。

もしも、フィリップくんのように成長したら、コートをなびかせて~などと思わず妄想してしまいました。そんな名犬だったら、お里さん、手放さないですよね。アハハ。早くも、親ばか。

ラヴィがお里にいたとき、お里さんが撮影してくださっていた動画です。



まだ小さいです。ラヴィ劇プリ




お里さんで、ラヴィのパパママ。リリーのパパの写真も撮ってきました。

ラヴィのママ、ルーシーちゃん。
ブログ探してみたら。
なんと、産後2ヶ月で、ドッグショー復帰。オーバースペシャルBOBでチャンピオン完成したそうです。
ラヴィ、ママに甘え中。
3-DPP_17.jpg

もうお乳でなくなっているのに、ラヴィが甘えてお乳に吸い付いて。痛いはずなのだけれど、怒らないとっても優しいママさん。
1-DPP_13.jpg


可愛いママですね~。
2-DPP_16.jpg



こちらは、可愛いパパ。リオ君。
1-DPP_3_20141214021603ff1.jpg


ルウに輪郭が似ています。
今、ブログ探していたら、2012年12月の特別本部展(ジャパンドッグフェスティバル)で、アワード(AOM)をとり、初カードゲットしたそうです。ヤングアダルトでWDになり、煌めくチャンピオン達の後ろに加わって、AOMは、すっごい。
写真に一目惚れしてお迎えまで、あっという間だったので、両親のこと、名前しか知りませんでした。
6-DPP_4.jpg


リリーのパパ、ジャスパーくん。ここにいました~。
ジャスパーくんは、名犬フィリップくんの最後のこどもなのだそうです。
ショーチャレンジ中。
リリーとラヴィは、親戚さん。
リリーにもラヴィにも、フィリップ君の血が入っています。
お父さん、2ショット。
7-DPP_10.jpg


みんな、可愛いですね~。
8-DPP_11.jpg


リリーのお耳が45度で立ちました


11月下旬、リリーのお耳を補強して立てたのですが、時間をかけてゆっくり粘着テープを剥がしたところ。
お耳、立派に立っていました。
テープのアレルギーもなく、貼っている間、ストレスをかけることもなく、剥がれることもなく。
リリーのお里さん に、とてもよい方法を教えていただきました。
テープなしのリリーの写真は、次回。

NEWFACEを迎え、5パピに。リリーと遊び友達

2014.12.10.Wed.22:21
本日、マックスディーンパピヨンさんから、リリーの遊び相手、ラヴィ君を迎えました。
家の5パピは、みんな車酔いしない子達のようです。ラッキー!
トンネル火災の影響を受け、帰りは長旅でしたが、すぐに、リリーとラヴィ、楽しそうに遊びだしました。
シニアパピも含め、いい感じ♪
甘えん坊のラヴィくん。とっても良い子♪
迎えて良かったです♪

マックスディーンパピヨンさんでは、リリーのパパ、ジャスティス君や、大好きなフィリップ君(ラヴィの曾祖父)、美パピのプリンス君(ラヴィの祖父=CASPIAN'S X-PRESSO)も暮らしています。

お里さんで、リリーのパパ&ラヴィのパパママの写真も写してきましたが、本日は、写真を取り込んでいる暇がないので、ラヴィくんの写真。お里のブログから写転載させていただきます。
s-a2014120701501.jpg



s-a2014120701502.jpg


s-a2014120701442.jpg



s-a2014111923383.jpg



s-a2014111923384.jpg



なんと、3パピから、一気に5パピ。
リリーと同胎ハルくん(ちからくん)と、とてもよく似ていて。
好みのお顔に、一目惚れ。正当派ハンサム君です。
リリーちゃんと1ヶ月違いの遊び相手。ラヴィ(ravie)は、「喜んで」という意のフランス語。
たった1ヶ月の違いですが、リリーは、人間でいうと5才児、ラヴィくんは、3才児だそうです。
体重は、リリー1565g(105日目) ラヴィ 1185g(73日目)
リリーが少し重いですが、ラヴィの毛が伸び始めているので、見た目の体格差は、そんなにありません。
2パピとも、ルウ同様、胴が短いタイプ。




シニア3パピ達、パピー怪獣リリーの元気のよさに圧倒されてしまい。
ロンにも、心身ともに負担がかかってしまったようで、白内障が少し悪くなった気がします。
リリーは、当時のルウと同じくらいの大きさですが、当時のルウより動き、激しいです。
そこで、パピーはパピー同士で、遊ばせたいなって思ったのです。
お里のELFさんで、よもぎ君と追いかけっこしている様子、とっても可愛かったので。

お散歩は、
【ロン、ルウ、レイラ組】と【レイラ、リリー、ラヴィ組】の2組に分け、レイラに、お外リーダーになってもらいます。

ラヴィちゃんの場合は。
シニアの子達(特にhatataが溺愛しているロン)の負担を減らすため。
室内で、リリーが楽しく遊び続けることができるように。
遊ぶ相手が必要かもしれない
って何となく思い始めた頃。

深夜フェイスブックにアップされた写真をみて。
写真にくぎ付け。
そのときは、気持ちをなんとか抑えて就寝。
けれども、同日中に家族の了承を得て電話。
「hatataです。(開口一番)家の子にしたいんです」
「いいよ~」
と、わずか2言で決定。名前も、すぐに決定。
本日お迎えと、リリーを上回るスピードでした。

ラリルレロ、全部揃いました。これ以上増やしません増やせません。
ヴィ RAVIE
リー RIRIAN
ウ ROUX
イラ REIRA
ン RON


*****************************

ラヴィ君を迎える前日。
9日(火)には、 ちびちゃんママとパピ達が遊びにきてくれました。
レイラの遊び友達、優しいちびちゃん。
ハイパーレイラと同じ持久力がある、唯一の子。家が遠くなってしまって、一緒に室内ドッグランやドッグランに行かれなくなってしまいましたが、東名高速経由で、遊びに来てくれました。
09-DPP_15.jpg



リリーと同じ日に産まれたパピーを連れてきてくれました。
リリーの体重の倍、あります。お腹の中でも大きく育って、その後も、たくさん食べてすくすく育った健康優良児。
02-1-DPP_1.jpg


パピーはパピー同士。すぐに仲良し。じゃれあいが始まりました。
リリーのアンヨ、お口の中に入っていますよ~
03-DPP_12.jpg

ただ、少し体格差がありすぎて、長い間のじゃれあいは、やはり、無理があるかも。
04-DPP_11.jpg



06-DPP_6.jpg



07-DPP_5.jpg



08-DPP_9.jpg


05-DPP_10.jpg


10-DPP_4.jpg

7パピで遊ばせたら、お庭の花壇が…。5パピになったら、花壇を作っている場合じゃないですね。


リリーちゃん100日目、横浜のカフェにリッキー君と

2014.12.06.Sat.16:30
リリーちゃん、生後3ヶ月 90日目で、
浜名湖レークサイドプラザのロードス棟1FのカフェCafé The Rodhosでカフェデビューしました。
12-DPP_19.jpg
朝食時と昼食時。 あわせて2回訪問。
11-DPP_18.jpg


同日、静岡市のポケットさんDogs Garden POCKET にも行きました。
フェンディママさんに5枚連写の写真をいただき、画像処理の仕方を教えてもらいました。
フェンママさんに抱っこされているリリー器用に両手を使います~。
anigif_20141206103801aa8.gif
photo by フェンディママさん


生後100日目には、横浜市大和市鶴間のワンコと入れるイタリアン厨房 ソッリーゾSorrisoに、行きました。
生後100日で、なんと、4回目のドッグカフェ。超出無精のhatataとは思えません。
カフェで「可愛い~」と言ってもらうのが大好きなナルシストのシティーボーイ、ルウと一緒に行きました。
どのカフェも、広々としていて、天気がイマイチの日ばかりだったので、近くのテーブルにお客さんいませんでしたし、カフェ慣れしている子ばかりでしたから、リリー「はじめの一歩」向き。
DPP_1.jpg
ルウと同じ犬舎。お父さんが同じで、チビパピルウより2ヶ月あとに生まれた、リッキーくん
ルウもリッキーくんも、来年2月7日、4月7日で10歳になります。

アンチエージング、ばっちり。ルウより、若々しいです。
3-DPP_8.jpg


リッキー君は骨格がよくて、足腰鍛えてドッグスポーツ、やっています。
都会っ子で、ボール遊びしない子だったなんて言っても、誰も信じてくれないでしょうね。
抱っこさせてもらったら、幅が広くて、びっくり。
2-DPP_3_20141206132251c5e.jpg


歯のケアにも、定期健診にも、お医者さんに行き。+マッサージのケアもしていています。
hatataの家の子達と一緒だね♪
色素も濃くて、毛の状態も良好。「ボク、幸せに暮らしているよ」って顔していました。
1-DPP_1_20141206132249732.jpg


車で246号経由西に。クリスマスで浮かれているわが家に。
真面目な横顔のレイラ
DPP_7.jpg
リリー、歯固め用のバナナがお気に入り。
DPP_3.jpg

甘噛みしますけれど、いつの頃か、強く噛まなくなりました。
わが家は「鳴くまで待とう方式」
リリー自ら気づいたようです。賢いね。
DPP_8.jpg

ルウと同じチビパピちゃんなのに、歯が強く。クッションカバー、片っ端からダメにしています。
ELFさん、歯のことにも気を遣って繁殖されているとか。健全な歯、よいですね~。
モノ、壊すけれど。大人の歯が生えてくるまでは、しょうがないですね。

DPP_6.jpg

「お約束」の写真撮影
「右見て」
DPP_13.jpg

「左見て」
いただいた、キアッケレカーニさんの「ヤギミルクボーロ」を眼で追う4パピヨン
DPP_14.jpg

リリーも加わり、5パピで記念撮影
パピヨンの耳立て作戦続行中。45度で立っています。
テープ、剥がれませんしリリーも気にならないようです。
DPP_17.jpg
なんちゃって「待て」も出来るようになりました。
食前の酵素「バナナ」などを手渡しであげるときは、後列で「お座り」して待っています。
食後のパパから、刻みリンゴなどをもらうときは、2本足で立ってパパのヒザに足をかけているレイラやロンの背中に足をかけて待っています。
ルウも、ロンの背中に足かけて待っています。チビパピの知恵ですね。

お転婆で活発利発なリリーちゃん。
犬たちを愛情持って見守ってくれていたエルフキンダーガーテンのお里さん。さすが、観察眼が鋭いです。
まさに、お里さんの言うとおりに育っています。

顔に似合わず強気のリリー。姐さんレイラから、リリー所有のバナナのオモチャ、奪取したりします。
で、逃げ足が速いのなんのって。小回りがきくネズミさん。
家中サンスターのシリコンコートを施していて、滑らないので、超速いテケテケテケテケと、ネズミがダッシュしている音が。
リリー、瞬間移動します。「ここかと思えば、またまたあちら♪」
シリコンコートが水をはじいてくれるので、そこら中にあるリリーちゃんのチッコの小さい小さい水たまり(膀胱が小さいので、ルウ同様一度にする量が少ないのです)も、染みこむことがなく、助かります。(シリコンコートはフローリングの継ぎ目までコーティングしてくれるので白く変色することもありません)
シリコンコートの良さを、リリーを迎えて、あらためて実感。

いっぽうリーダー犬ロンに気に入ってもらおうと、尻尾を180度どころか、360度プロペラのように、ぐるんぐるん回しています。
リリーが起きたとき、チッコを決められた場所でできたとき。ロンがリリーの鼻先を「ペロッ」とするように。
かつて、ロンがルウをイクメンしていたときにも、やっていた行動です。

けれどもロンは、レイラの味方。
リリーがレイラから取り上げたオモチャを目力で「返しなさい」


チビパピルウのパピー当時と同じくらいの量しか食べてないのに、よく寝てよく遊んでよく走り回っているので、体重が増えません。
食事のときだけは、hatataの家の子に似合わず少食のお嬢様。よく噛んでゆっくり食べて半分以上「お残し」
困ったときはキアッケレ・カーニさん。
オーストラリア産やぎミルクパウダーと、国産若鶏ネックローストふりかけを注文しました。

今回、ayaさん、おみやげた~くさん持ってきてくれたのですが(恐縮しています)
その中の1つ。人用の馬刺し切り落とし肉に馬レバーとアキレスを加え水煮にしたフードもいただきました。レトルトパックなので長期保存にも適していて災害時にも使えるようです。

5秒ほどチンすると、レバーのいい香りで食欲増進。少量混ぜあわせると。
魔法が効いて。リリー、hatata家の子らしく、ガツガツ食べてくれるようになりました。

+ヤギミルクパウダーを加えたところ。
体重も増え、効果覿面。1ヶ月で300g増だったのが、5日で100g増
ありがとう、ayaさん、キアッケレ・カーニさん

小型犬の場合、成犬の大きさになるまで、どうやって成長するかは、それぞれの子にプログラムが元々インプットされていて。
食べる量は、それに従ってパピー自身で調整しているものだと思うのですが。
ルウに比べて、運動量が多いリリー。もう少し胃を大きくして食べないとね。

誕生時の体重は、関係ないけれど。
同じくらいだったよもぎくんは、めでたく早くも2kg越え。
リリーのお迎え時、大きさは変わらなかったけれど、よもぎくんの方が重かったのは、300g重かったからですね。
リリー、はやく、大きくなあれ。
胴も短いし、コートもまだまだ。今のままでは、上空から急降下してくる鳥に襲われそうで、海や河川の方には、遊びにいけません。
頑張れ!リリー。当面の目標は、目指せ!よもぎくんみたいに2kg越え。


*******************************************
第1子  リリー  485g(30日目) 1064g(60日目) 1360g(96日目) 1470g (101日目)
第2子  ハル君   588g(30日目) 1366g(60日目)  
第3子 よもぎ君  444g(30日目) 1300g(60日目) 2100g(96日目)

30日~60日。体重の増え方がリリーだけ少ないので、成犬時の体重、男の子達ほどは重くなりません。
ちなみに、ルウを家に迎えた60日目 体重は1000g弱。ルウも誕生時は、普通の体重でしたが。
家に迎えた時は、胴がつまっていて当時のルウとそっくりの体型でしたが、1週間もすると、足の長さが伸びてきました。
ルウの足、ちょっと短いので、リリーが標準でしょうか。
胃腸は丈夫そうなので、う〇この状態と、触診の感じで調整していきたいと思っています。

奥浜名湖1泊旅行 with 4パピヨン

2014.12.01.Mon.10:55
フェンディママさんのご好意で、浜名湖レークサイドプラザ ロードス棟デラックスルーム(57㎡)に宿泊させてもらいました。
会員のフェンママさんと、同じ料金で宿泊することができます。犬たちの料金も、ドッグランも無料。多頭ママには、嬉しい限り。温泉もあります。
フェンママさん。会員権を購入した決め手は、お友達も同じ料金で泊まれるっていうことだったとか。
なんて、お優しい。
予約がとりやすい平日に行かせていただきました。

湖に面した二部屋分ぶちぬきの広い窓。晴れていると、朝日が正面から昇ります。
広くて綺麗なお部屋に、ロンちゃん、ご機嫌。
お耳が45度に。
01-DPP_5_201411302128439a0.jpg

湖に面したお部屋。舘山寺方面を撮影。
01-DPP_02.jpg

滑らない床で、室内でも楽しく走れました。
01-DPP_6.jpg


02-DPP_2.jpg


03-DPP_6.jpg

犬バッグ。左から、
・レイラちゃんリュック(柴犬サイズのリュック)は、後席の真ん中にシートベルトを通し=【ママの隣じゃないと~のヘタレのロン】
・リリー専用のお部屋は、そのまま車内に。フレームがしっかりしているので、安心。上はメッシュのドームになります。助手席の足の間に=【リリー】
・ポンポリースのバッグは、後列hatataの足の間に=【ルウ】
・御殿場アウトレットで買ったDOG DEPTのバッグ。運転席と助手席の間のウォークスルーに=【レイラ】

大人4人、パピヨン4頭+荷物(ベッドの上やソファーに敷くシーツやドレスなど)。よくぞ乗せたり。
荷物が多かったので駐車場から部屋までは台車を使わせてもらいました。
リリー、レイラにとられないよう、自分の基地に、オモチャをもちこんでいます。
04-DPP_7.jpg

姐さんレイラから、オモチャをとりあげようとする、ファイターリリー。
オモチャをとると、レイラを意識しながら、ダッシュ。
ネズミのように小回りするので、さすがのレイラも追いつけず。
レイラ、最後にロンに「お願い。取り戻して」
05-DPP_8.jpg

ルウちゃんは、ソファーに。
06-DPP_10.jpg

遊び疲れた頃、撮影会。
レーシーママさんが作ってくださった着物で。
07-DPP_11.jpg

シルクハットも、レーシーママさんの手作りです。
07-DPP_14.jpg

フェンママさんにプレゼントしてもらった、ふりふりエプロン。
08-DPP_15.jpg

SSの女の子用オムツでも、大きすぎますね。疲れてネンネ。
10-DPP_17.jpg


和食と洋食が選べます。前回和食だったので、今回は洋食
前回。約一年前ですが。hatata、アップするの、さぼりました。
前回、レイラだけ連れて、東名バスで行き、フェンママ家と合流し、連れて行ってもらった記事は、フェンママのブログにて。コチラと、コチラに。
1-image1.jpg


アミューズブーシュ
2-image1 (1)

デザート
6-image1 (6)


窓の外は、ライトアップ
7-image1 (3)


翌朝、ドッグカフェで朝食。前回は、洋食だったので、今回は和食をチョイス。
9-image1 (4)

リリーちゃん、初ドッグカフェでしたが、良い子にしていました。
11-DPP_18.jpg


食後、みんなで記念撮影。
ランチも、ここで。
朝食、昼食で、合計2時間以上滞在しましたが、リリーちゃん、良い子。
マットやシーツの上でおとなしくしていました。
12-DPP_19.jpg

背景は、奥浜名湖(猪鼻湖)
12-DPP_20.jpg

続きは、湖横にあるドッグランで遊んでいる写真と、帰りに寄った、ドッグガーデン ポケットさんでの写真です。
続きを読むをクリックしてね
続きを読む "奥浜名湖1泊旅行 with 4パピヨン"