スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜と富士と5パピヨン その(2)  +健康診断の話

2017.03.02.Thu.18:17
と富士とパピヨン その(2) です。
と富士とパピヨン その(1)+マーキングとトイレの話は、こちら

ラヴィ&リリー 
男の子と女の子、2ショットのバランスがいい大きさに育ちました。リリーも2500g超えました。
06-061-IMG_4573.jpg

リリー
03-039-IMG_4530.jpg

日曜日、家族で再度訪れました。日曜日は、5パピ全員連れて行きました。
温暖な日でしたが、青空の色がイマイチ&早い時間から雲がかかってきました。
01-DPP_6_2017030317553579a.jpg


夫がシャッター担当。画の中のパピの位置がちょっと違うかな。
DPP_7_201703021809483a0.jpg


DPP_8_20170302181046bc4.jpg

hatataが抱っこして、エルママさん に撮影していただきました。
07-071-IMG_4787.jpg


優しいお顔のリリー
11-078-IMG_4801.jpg


08-072-IMG_4789.jpg


ラヴィ。青空が薄いのは、日曜日に写した写真。

1-IMG_4996.jpg



3-IMG_5019.jpg



2-IMG_5018.jpg


以下3枚は、エルママさんに撮影していただいたラヴィ
9-036-IMG_4524.jpg



8-035-IMG_4523.jpg



4-032-IMG_4520.jpg


富士山をみているラヴィ。夫には、もう少し左側から撮ってもらいたかったな。
03-DPP_7_20170303175745d1c.jpg


これらも、夫には、もう少し左から撮ってほしかったです~。hatataは抱っこする役なので残念ながらシャッターがおせません。
DPP_9_20170302181400cd5.jpg

ラヴィは、眩しがり屋です。
DPP_8_2017030218135773f.jpg


ルウ。エルママさんと一緒に行った日は、この場所、風が強くて。ルウは、耳毛でお顔が隠れてしまい撮影不能でした。
これらは、日曜日の写真。
05-DPP_4.jpg


ピクニックテーブルの上に載せると、富士山を大きく写せます。
04-IMG_4962.jpg


06-DPP_5.jpg


これは、お気に入りの写真。
DPP_6_20170302181604efa.jpg


以下2枚は、エルママさん撮影。ルウ、かわいいです~。
2-0112_original.jpg



1-080-IMG_4803.jpg


レイラは、日曜日のみ参加。レイラは眩しくても目をぱっちり開けていられる子。
10-DPP_5_201703031802238c2.jpg

レイラの前足が赤っぽくみえますが、薄茶色の毛が出ているだけです。彩度をあげたので赤くなってしまいました~。
11-DPP_7.jpg


09-DPP_4.jpg


レイラやリリー。女の子たちは、花との写真が似合います。
DPP_9_20170302181904903.jpg


DPP_8_201703021819005cc.jpg


ロン 眼が白くなりつつありますが、角度によっては綺麗な目に見えます。
悲しいことに、眩しさを感じないので眼が開いているのです。

08-DPP_6.jpg


07-DPP_5_20170303180741aef.jpg


DPP_8_2017030218195478f.jpg

2月は健康診断&混合注射の月。
頭数がいるので、出費も痛いですが、「問題なし」と言われ、ほっとしました。
3パピは、シニアなので、悪いところが出る可能性もあるからです。
シニアパピ達、健康でもお金がかかります~。

シニア3パピは、地元のかかりつけ病院にて、1時間枠の予約をとって、腹部と心臓の超音波検査(カラーエコー)など。
ロンは、スリット検査、眼圧測定、眼底検査も追加。
残念ながら、ロンの眼は、慢性化してしまっていて、どうすることもできません。
今のところ痛そうな様子はみせていません。痛みに慣れてしまったのかも…とのこと。
どんどん目が見えなくなってきていますが、ロンは0歳の頃から若年性白内障。急に見えなくなったわけではないので、日常生活には困りません。今も我が家のリーダー犬として、4パピから尊敬されています。

シニア3パピ、看護師さんが2人、それぞれ前足と後ろ足をおさえて、ひっくり返してお腹が上の姿勢で長い間超音波検査をされるのですが、みんな微動だもしません。
「これが普通だと思っているでしょうが、ふつう、こんなにおとなしくしていないものですよ」と、先生。
褒められました~。
結果も、ロンの眼以外は、花マル。
「素晴らしい」の連発で、3パピとも、年より若いと言われました。パテラもなし。
月一マッサージと生食効果かしらん。
昨年、病気というほどではありませんが、年相応に胆泥がたまってきていますと言われましたが、アミノサプリをあげていたため、胆泥もなくなっていました。

シニア3パピは、定期的に行っている駒沢公園動物病院で無麻酔の歯石取りも済ませ。

その後、東京の病院でシニア3パピは、混合注射(京都微研”キャナイン-6) も接種。若い2パピは抗体価検査。結果はまだです。
シニア3パピは、3年4ヶ月ぶりの接種です。去年の抗体価をみると、まだ大丈夫かとも思ったのですが。
3年あけたので、今年は抗体価検査しないで接種してもらうことに。
抗体価検査して、もしも接種が必要な数値が出た場合、出費は抗体価検査代+混合注射代になってしまうので。
家の子達は、5種か6種混合注射です。
注射をしていない年も、抗体価検査の結果をみせれば、ホテルやドッグランも使えます。

ロンは、【0歳】 2回
【1歳】【2歳】【5歳】【9歳】【12歳】に接種。

ルウは、【0歳】 3回
【1歳】【2歳】【4歳】【8歳】【11歳】

レイラは、【0歳】2回
【1歳】【3歳】【7歳】【10歳】

リリーは、【0歳】 2回
【1歳】
【2歳】抗体価検査結果待ち

ラヴィは、【0歳】 2回
【1歳】
【2歳】抗体価検査結果待ち

そろそろ1ヶ月になるので、結果が来る頃かと。
時々抗体ができにくい子もいます。抗体が低かったら、混合注射を打つ予定。

次は、春の狂犬病と血液検査です。

5パピもいるのに、みんな、健康。とてもラッキーなことだと思います。
5パピともブリーダーさんが違いますが、健康で可愛い子たちをこの世に産んでくださったこと。
いつも感謝しています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。